美術・工芸コース(陶芸)

土や水と対話しながら作家としての力を磨く。

専門学校ではめずらしい「やきもの」を本格的に学べる分野です。陶芸を基本から段階的に学習し、さまざまな成形方法を習得。陶芸作家としての実力を伸ばしていきます。

1年次

造形の基礎を学びます。また、絵画、版画、アクセサリー、陶芸の分野を幅広く学習し、基本の技術と知識も習得。様々な創作に取り組みながら想像力や感性を養います。

1年次後半〜2年次

「絵画」「版画」「アクセサリー」「陶芸」から1分野を選択し、専門的な技術と知識を学びます。作品制作を通して表現力を磨き、アーティストとして活躍できる力を身につけます。

学べること

テーブルウェア 毎日の食卓に並ぶ器、空間に彩りをそえる「陶の灯り」や「フラワーベース」など、暮らしを豊かにする「やきもの」をつくる。
レリーフ 文様や文字の「浮き彫り」や「貼付け」などの技法を用いて、アクセサリーやボタン、プレートなどを制作する。
立体造形 土という素材から、彫刻とも器とも違う、「ものづくり」に取り組む。オブジェやフィギュア、ジオラマなども制作する。

履修科目

1年次

さまざまな分野にふれながら、基本的な技術と知識を学ぶ。

実習 デッサン / 美術基礎実習 / 工芸基礎実習 / 専門基礎実習Ⅰ / 専門基礎実習Ⅱ
演習 素描画演習 / 造形演習 / 写真演習 / 彩色描画演習 / 木炭画 / コンピュータ演習 / 版画技法 / メタルクラフト演習 / 彫金演習 / 陶表現 / 特別講座
講義 美術・工芸論

2年次

関心のある分野を選択し、高度な技術と表現力を身につける。

実習 専門実習Ⅰ / 専門実習Ⅱ / 専門実習Ⅲ / 専門実習Ⅳ / 専門実習Ⅴ / 専門実習Ⅵ / 卒業制作I / 卒業制作Ⅱ
演習 コミュニケーション / 現代美術演習 / ガラス工芸 / モデル制作 / 材料演習 / 表現演習 / 映像表現 / メディア演習 / メタルアート演習 / マテリアル演習 / クラフトデザイン / 装飾表現

教員紹介

特任教授

大原 千尋

講師

秋永 邦洋 / 梅本 幸江 / 加藤 涼子 / 東陰地 正嘉 / 山村 幸則

大阪芸大教授

日下部 一司

卒業後の進路

陶芸教室指導見習い

(株)信楽陶苑

作陶

五雲陶苑

木工家具制作

大泉(株)

アシスタント

絵画造形教室Artぷらす / ki:ki工房

進学

大阪芸術大学工芸学科陶芸コース(3年次編入) / 京都精華大学素材表現学科陶芸コース(3年次編入)