サポート体制

サポート体制

アーティストを目指して日々、創作活動に取り組む学生にとって必要なこと。それは、安心して学校生活を送ることができる環境が整っているということです。大阪美術専門学校では、学生たちが安心して学ぶことができる環境を、積極的にサポート、提供しています。不安なことが少しでもある場合には、いつでも、どのようなことでも、相談窓口に申し出てください。

専門士の称号授与

専門士の称号は、専門学校卒業者の社会的評価の向上を図り、生涯学習の振興に資することを目的として設けられました。本校の教育課程を修了し卒業することにより、この称号も授与されます。

専修学校各種学校学生生徒災害傷害保険 <学務係>

専修学校及び各種学校生徒の教育活動中の不慮の事故に対する全国的な補償救済制度です。正課授業中、学校行事、通学中、校内での休憩時等に不慮の事故により身体に被った傷害に対して適用されます。

住居の紹介 <学務係>

毎年、本校の近隣において物件を扱う不動産仲介業者より最新の賃貸物件情報の提供を受けています。下宿予定で情報の提供を希望される新入学のみなさまへ安全で快適な住居についてご案内いたします。

アルバイト紹介システム <キャリア支援センター>

本校では、ナジック・アイ・サポートが運営する「学生アルバイト情報ネットワーク」を利用して、アルバイト紹介を行っています。アルバイト情報を検索する場合は、パソコン、携帯電話からアクセスし利用してください。学校から配布されたe-mailアドレスを登録してください。

学生相談室

学生相談室では、皆さんの学生生活が充実し、より豊かなものになるよう、ひとりひとりのこころのケアを行っています。悩んでいること、聞いてみたいこと等、どんな些細なことでも、こんなことなどと思わずに、ぜひ気軽に来室してみてください。カウンセラー(女性)が相談に応じます。

たとえば「なんだか友達や家族とうまくいかない…」「自分のことを知りたい…」「何をするにも、やる気がでない…」「なんとなく体の調子が悪い…」「不安になったり緊張したり、ストレスがたまっているみたい…」など。相談内容については、秘密が守られますので、安心して利用してください。

開室時間月曜日・水曜日・金曜日10:00〜18:00
場所A棟4階 A405
  1. 開室時間に、直接来室してください。
  2. ひとりでも、友達と一緒でも結構です。
  3. 長期休暇中も開室しています。(閉室の場合は掲示をします)
  4. 電話での相談も受け付けています。(開室時間のみ)
  5. メールでの相談も受け付けています。(開室日に返信しますので、返信に数日かかる場合があります。)
  6. 電話番号とメールアドレスにつきましては、「学生便覧」、「学生相談あんない」及び、「学生相談室通信」をご覧ください。

感染症について

学校保健安全法施行規則により「学校において予防すべき感染症」が定められています。

第一種エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスに限る)、鳥インフルエンザ
第二種インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(三日はしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第三種コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎

「学校において予防すべき感染症」(インフルエンザ等のうつる病気)と診断されたらすぐに下記へ連絡してください。
大阪美術専門学校 事務局 06-6713-4466

  1. 集団感染予防のため、登校してはいけません。
  2. 医療機関で診断名と自宅療養が必要な期間を証明する書類(診断書・出席停止解除証明書・治癒証明書)を発行してもらい提出してください。
  3. 学校様式の治癒証明書が必要な揚合は、ホームページからダウンロードして利用してください。

白浜研修センター・菅平高原研修センター <学務係>

学校法人塚本学院(大阪芸術大学・大阪芸術大学短期大学部・大阪美術専門学校・附属幼稚園他附属施設)の学生・教職員(非常勤も含む)及び校友会会員のための福利厚生施設として、和歌山県白浜温泉と長野県菅平高原に設置された施設です。