大阪美術専門学校

大阪美術専門学校

夢と仕事をつなぐ場所

Sound

夢と仕事をつなぐ場所

美専の特長

  1. 充実した設備や講師陣をそろえながらも、数ある美術系の専門学校よりも安い学費で学べるビセン。例えば初年度なら、入学金19万円、授業料58万円、施設設備費32万円で、合計109万円。平均額より約17.5万円もオトク。また、周辺は住宅街のため静かな環境で大阪北エリアに比べて家賃もリーズナブルです。芸術での進学を諦めたくない志望者の思いに応えます。

    • 109万円
      大阪美術専門学校
    • 126.5万円
      他美術系学校平均

    [[num1]].[[num2]]

    万円

    オトク!

  2. 合格すれば、授業料の全額または半額が免除される「授業料全額免除入学試験」や、入学金が免除される「指定校制推薦入学試験」など、学ぶ意欲を応援する入学試験も数々用意しています。授業料の全額または半額相当を給付する「大阪美術専門学校奨学金制度」といった入学後にも申込可能な奨学金制度もさまざま。公募展受賞者に対する奨学金の支給もあります。

    最高で授業料

    [[num]]

    万円

    免除!

    全額
  3. 3年制の総合デザイン学科では、就職支援授業を必修科目として開講。1年生の段階からキャリア形成を見据えた学習をし、芸術系の学生が見落としがちなコミュニケーション能力を育成します。就職活動までの2年間で質の高い作品を制作し、就活のノウハウも習得します。希望者の100%が就職を決めているだけでなく、内定者の8~9割が学びを活かせる専門職に就いているのも特長です。

    就職希望者の

    [[num]]

    %

    が就職!

    内定者の

    85

    %

    が専門職!

  4. ビセン生なら自由に受講できる「オープン科目」を設定。空いている時間に違うコースの授業を履修でき、想像力や世界観を広げる役割も果たしています。合同授業で他コースの人とも関わりが持てるなど、刺激的な環境です。社会人経験者や府外出身の学生も多く、視野が広がります。

  5. 25万点以上の蔵書を誇る図書館が利用できるだけでなく、出版社の方が来校する「出張編集部」や、就職活動の際の「合同企業説明会」にも参加できたりと、母体の大阪芸術大学の施設や企画を利用できるのもグループ校ならでは。海外の学校との合同展にも参加できます。内部推薦を得れば大阪芸術大学への編入学が優遇され、編入学金も免除に。ビセンでの取得単位も大学の単位として認定されます。