アニメコース

デッサン、キャラクターデザイン、文章表現、音響技術やコンピュータによる制作・編集まで、アニメ制作に必要な知識・技術を基本からしっかり学びます。
最新のデジタル技術からアートアニメまで幅広い手法を学び、現場に不可欠な対人能力も獲得。
業界で即戦力となるクリエイターをめざします。

1年次

デッサン、文章表現、機材の操作方法など。アニメーションの制作に関わる多種多様な専門技術、知識について、基本からしっかり習得。クリエイターとしての基礎を身につけます。

2年次

自分たちの手による企画・脚本をアニメーション化するという実践的な授業を展開。卒業制作にもチームで取り組むことで、独自の表現力だけでなく現場で必要な連携能力も養います。

学べること

アニメ制作 商業アニメ制作を中心に、多彩な技術と思考を習得。自分に合った表現方法を見つけて、作品を制作する。
デジタルアニメ コンピュータ上で画像・動画データを制作するアニメ。デッサンを基礎に置きながら、デジタル機材の操作技術、企画・脚本の映像化実践まで幅広く学ぶ。
キャラクターデザイン 架空の物語を楽しめるかはキャラクター次第。見る人を惹きつける個性豊かなキャラクターを生みだす感性を磨く。

履修科目

1年次

さまざまな基本の技術と知識をしっかり身につける

実習 デッサンⅠ / デッサンⅡ / コンピュータトレーニングⅠ / コンピュータトレーニングⅡ / アニメ制作基礎実習Ⅰ / アニメ制作基礎実習Ⅱ
演習 アニメ制作演習Ⅰ / アニメ制作演習Ⅱ / シナリオ / 絵コンテ / キャラクター制作Ⅰ / キャラクター制作Ⅱ / 特別講座
講義 キャラクター原論Ⅰ

2年次

アニメーション制作を通して企画力や現場力を養う

実習 アニメ制作実習Ⅰ / アニメ制作実習Ⅱ / アニメ制作実習Ⅲ / アニメ制作実習Ⅳ / デジタルアニメーションⅠ / デジタルアニメーションⅡ / 卒業制作
演習 編集 / 音響表現 / 絵本 / 写真 / フィギュア
講義 キャラクター原論Ⅱ

教員紹介

教授

長沢 亮

客員教授

佐藤 元

講師

服部 年弘 / 東陰地 正喜 / 南 珠里

大阪芸大特任教授

天野 真由美

大阪芸大講師

井口 幹康

卒業後の進路

アニメ仕上げ

(株)プロダクション・グッドブック

仕上げ・撮影

(株)GoHands

動画

スタジオワンパック

映像制作

(株)HY・システム

カメラアシスタント

(株)エキスプレス

編集エディター

(株)IMAGICAウェスト

撮影・編集

(株)7th

制作進行

(株)ミルパンセ

アニメーター

(株)ピーエーワークス

グラフィックデザイナー

(株)ノースヒル

進学

大阪芸術大学キャラクター造形学科アニメコース(3年次編入)