HOME >  学科案内 >  総合デザイン学科 > イラストレーションコース
総合デザイン学科 3年制

イラストレーションコース

多彩なイラストレーション表現を学びながら
オリジナリティを確立していく。

まずはモノを正確に捉えて描くデッサンや色彩構成を学習。徐々に技法を学び、人を惹きつける表現力を養います。 各種メディアでのイラストの展開方法も習得。いろいろな画材でアイディアを試す実習など、ユニークな授業内容も魅力です。 3年次には、自分の世界を追求して絵本作家などアーティストを目指すことも視野に入れた「ファンシーイラストレーション」と、 求められる表現や技法で描くスキルを高めて就職につなげる「リアルイラストレーション」から興味や希望にあうコースを選択。 3年間で柔軟な発想力や豊かな感性を磨き、オリジナリティを確立します。

Be Professional. ビセンでプロフェッショナルの表現者になるためのステップ。

なりたい!

イラストを描くことが好き!
キャラクターをつくるのが得意!
デザイン業界に興味がある
イラストで相手の思いを叶えたい!
自分のつくった物で人に喜んでもらいたい など

1年次

デッサンや色彩構成などの基盤を固め、PCや版画などの専門基礎も学習。

イラストレーションを描くための基礎技術に加え、発想力や表現力、プレゼン力も養成。PCソフトやプリント技法などの基本も学びます。
デザイン業界の専門知識を吸収し、さまざまなメディアの特性も理解。自分の個性を見つけて発揮するための基盤を固めます。

  • デザイン論Ⅰ・Ⅱ
  • PC基礎
  • プレゼンテーションⅠ
  • メディアコミュニケーションⅠ
  • 色彩演習Ⅰ
  • 特別講座
  • 基礎造形
  • デッサン
  • デザインスケッチ
  • イラストレーションⅠ・Ⅱ
  • マルチプリンティング
  • キャリアプログラムⅠ

2年次

さまざまな画材を使ってスキルを磨き、より高いレベルでの発想や表現へ。

多彩なイラストレーション表現を学び、各種メディアでの展開方法を学習。印刷物完成までの流れも、実例を通して覚えます。精密描写のテクニックやさまざまな画材による表現方法なども探究。
制作力を高め、柔軟な発想力や感性、人を惹きつける表現力を養います。

  • デザイン史
  • プレゼンテーションⅡ
  • デジタルイラストレーションⅠ
  • グラフィックアートⅠ
  • 色彩演習Ⅱ
  • 立体表現
  • イラストレーションⅢ・Ⅳ・Ⅴ
  • マスタードローイング
  • ビジュアルデザインⅠ・Ⅱ
  • キャリアプログラムⅡ・Ⅲ

3年次

2つのコースに分かれて専門性を深め、
仕事につながる即戦力を育みます。

自己のスタイルを確立すると同時にビジネスにつなげる手法も磨く「ファンシーイラストレーション」と、求められる表現や技法で描くスキルを高めて就職へとつなげる「リアルイラストレーション」からコースを選択。
将来の活躍を見据えつつ、卒業制作も仕上げます。

  • イラスト論Ⅰ・Ⅱ
  • エディトリアルデザイン
  • パッケージデザイン
  • グラフィックアートⅡ
  • デジタルイラストレーションⅡ
  • メディアコミュニケーションⅡ
  • 絵本制作
  • 写真演習
  • イラストレーションⅥ
  • キャラクター & イラスト
  • プラクティカル・プログラム
  • 卒業制作

イラスト制作の現場を想定し、描写技術やあらゆるメディアに 対応できる表現力を得て、現場での即戦力を目指す。

イラスト表現の中でも、「絵本」を媒体として捉え、 キャラクター制作やストーリーの展開を学び、自己表現など 個性を生かした世界観あふれる作品を創る。

柔軟な発想力と多彩なテクニックを身につけて、 自己スタイルを確立すると同時に、企画力・プレゼン能力を高め、 デザインビジネスに繋げる手法も磨く。

なれる

イラストレーター/絵本作家/CGデザイナー/キャラクターデザイナー/CGアーティスト/グラフィックデザイナー/デジタルアニメーター/マンガ家/フィギュアアーティスト など

卒業生

株式会社クーリア 企画開発部 デザイナー

井川 真奈美

2010年 卒業

MANAMI IKAWA

オリジナリティが磨け、
作風の幅も広がりました。

主に子ども向けのファンシー文具のデザインを、企画から担当しています。ビセンには、進学していた先輩の勧めや体験入学での印象から志望。幼い頃からこの仕事がしたかったので、「ファンシーコース」を選択しました。ビセンは実習が多く、大きなテーマから想像力を膨らませ、好きな画材で自由に描く課題が多かったですね。入学当初は、自分ならではの特徴的な世界観がなかったのですが、先生方の助言を受けてたくさん描いたことで独創性が磨け、作風の幅も広がりました。少人数制で丁寧に教えてもらえる環境だったので、短期間ですごく上達したと思います。また、絵本の授業やキャラクターをつくる授業、写真のようなリアルイラストを描く授業など、さまざまな技術が身につけられたのも大きく、すべて今の仕事に活かされています。クラスメイトと評価し合うことで、自作を客観視できるようにもなりましたし、グループ実習を通じてチームワークも学べました。今後も学んだスキルを活かし、もっとデザイン力を高めて、大ヒット商品をたくさんつくり出していきたいです。

デザインしたシールの数々。初めての商品は、嬉しさのあまり常に持ち歩いていたそう。

デザインしたシールの数々。初めての商品は、
嬉しさのあまり常に持ち歩いていたそう。

株式会社クーリア 企画開発部 デザイナー 井川 真奈美 2010年 卒業 MANAMI IKAWA

株式会社クーリア

デザインコンサルティングやキャラクターデザイン、生活雑貨・ファンシー文具などの企画・開発・販売などを手がけている。

卒業生

フリーイラストレーター

坂田 絵理奈

2010年 修了

ERINA SAKATA

“デザイン的な視点”で見て描いた
経験が、今につながっています。

初仕事のきっかけは、卒業作品選抜展。各学校の作品展を回られていた新聞社の方に、一番気に入ったからとお声がけいただきました。毎日連載される物語の挿絵を1ヵ月分描くという、いきなりの大仕事。まず重要になってきたのは、物語の作家さんが持たれているイメージを共有することです。どういう言葉で引きだし、いかに誤解がないように受け取るか。ビセンでの指導がなければ、想像もできなかったと思います。学んだワークフローを思い出しながら、いくつかのパターンを用意し、随時、最終形態がわかるラフを見てもらいつつ進行。どう描けば、物語が引き立つか…デザイン的な視点を育ててもらえたのも役に立ちました。ありがたいことにとても反響が良かったため、翌年もまた担当させていただけることに。イメージに合わせた画材や画風で描き分ける力も活かされています。

毎日新聞の朝刊で1ヵ月ずつ連載される童話欄「読んであげて」の挿絵。カラー版はWeb上で公開された。

毎日新聞の朝刊で1ヵ月ずつ連載される童話欄「読んであげて」の挿絵。カラー版はWeb上で公開された。

フリーイラストレーター 坂田 絵理奈 2010年 卒業 ERINA SAKATA

学生作品

  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品
  • 学生作品