HOME >  学校案内 >  キャンパス案内

キャンパス案内

施設紹介

施設紹介

A棟・C棟

学生の創作や成長を支える
大阪美術専門学校の中枢。
メインのキャンパスであるA棟には、各専攻の工房や研究室、講義室をはじめ、ラウンジや画材ショップなど学生生活に必要な設備が整っています。エントランスのギャラリーには数々の作品が展示され、感性を刺激するスペースとして活用されています。
A棟・C棟

B棟

創造力や感性を刺激する
スタイリッシュな創作空間。
モダンな外観のB棟はアート系学科の工房や研究室をはじめ、大阪芸術大学との遠隔地授業にも対応するAV教室などを設置しています。談話室もあり、学生、教員がコミュニケーションを図るスペースとして活用されています。
B棟

実習室設備

絵画実習室・デッサン室

絵画実習室・デッサン室 A棟

デッサン室は天井が高く、色彩をしっかり見極められるよう採光や照明にも配慮。絵画実習室は100号を超える大きなサイズの作品制作にも余裕を持って取り組めるスペースを確保しています。
映像スタジオ

映像スタジオ C棟

映像スタジオはセットを組む撮影にも対応できるスペースを確保しています。カメラ、照明、音響、編集と、すべてにプロ仕様の機材をラインアップ。併設のミキシングルームは専用のパソコンも用意し、自分の作業に思う存分向かい合えます。
陶芸工房

陶芸工房 B棟

陶芸に不可欠な土や釉薬はもちろん、電動ろくろ、電気窯なども完備。学生はこれらの設備を自由に使用することが可能です。また教員や卒業生の作品、各種資料なども豊富に揃っており、創作と共に陶芸の知識をより深められます。
コンピュータ室

コンピュータ室 C棟

最新のウインドウズやマッキントッシュをはじめ、制作に必要な各種コンピュータソフト、ビデオプロジェクターも用意。学科・専攻を超え、さまざまな授業に使用されています。
印刷工房

印刷工房 A棟

印刷や製本に必要な機材が揃う工房。自らの作品をシルクスクリーンで印刷したり、絵本を製本したりと、主に総合デザイン学科の学生が授業で使用しています。
モデリング工房

モデリング工房 A棟

プロダクトデザイン専攻、空間デザイン専攻の学生が模型を制作するために使う、広々とした工房。木材、スチレンボード、ガラス、樹脂、粘土といったあらゆる素材が揃い、それらを加工するための機材も豊富に設置しています。
プリントメイキング工房

プリントメイキング工房 B棟

木版画、リトグラフ、銅版画、シルクスクリーンなどプリントメイキングに必要な機材をすべて用意。版画は細かい工程も多いため工房内は大変明るく、作業台のレイアウトにもゆとりがあるので、創作に集中して打ち込むことができます。
彫金工房

彫金アクセサリー工房 B棟

彫金、鍛金、鋳金といった作業にしっかり取り組むための設備が揃っています。ガラスや七宝など金属以外の素材を使った作業にも対応し、自分の表現世界を広げられます。
プロダクトデザイン実習室

プロダクトデザイン実習室 A棟

長時間の細かい作業も快適に行えるよう設計された実習室。製図用紙や製図板、各種定規などはもちろん、CADの技術・知識を習得するために必要なパソコンを用意しています。
漫画・アニメCG実習室

漫画・アニメCG実習室 A棟

スクリーントーンやトレースボックスなど漫画を描くための道具はもちろん、アニメ制作に欠かせないコンピュータも完備。作品を大スクリーンに映し出すこともでき、試写や合評会にもフレキシブルに対応します。
コンピュータ室

写真暗室 A棟

学生たちが撮影したフィルムを自らの手で現像・焼き付けができるプロ仕様の写真暗室を用意しています。
グループ校、その他の施設利用案内はこちら